競馬血統研究所、友道康夫調教師インタビュー!アドマイヤラッシュについて!

競馬血統研究所

マカヒキ凱旋門賞出走記念スペシャルインタビュー

友道康夫調教師編

亀谷

スタートが素晴らしかったですね

友道

いい枠が当たったんでジョッキーとはいい位置で競馬しようと

亀谷

ダービーはああゆう位置取りが大事なんですけど、調教で意識したことは?

友道

折り合いが良い馬なんですけど、大型馬なんでゲートの1歩目が遅いんで皐月賞で位置取りが後ろになったんですけど、ジョッキーも競馬2回目だったんで上手いことスタートを出してくれてあの位置がとれたと思います。

横山ルリカ(以降横山)

マカヒキはウリウリの弟だと思うんですけど、マカヒキから短距離ぽさって感じたことはありますか?

友道

第一印象はマイルまで持てばいいかな、やっぱり距離は短めかなってのが第一印象です

横山

それが使っていくごとに、

友道

そうですね、それで実際に函館競馬場に入厩して調教していくうちに距離が持つんじゃないかなっと思ってきました。

亀谷

先生のとこのバクシンオー産駒って1400m以上の方が稼いでる賞金が多いんでこれは凄いなと思って。

友道

あの、長距離のレースが好きなんですよ。新馬戦もたぶん1200mの芝とか1400m芝でおろす馬はいなくて、最低でも1600mマイル以上から多分一応、どんな血統でもそこらへんからおろしていこうという感じで。

亀谷

やはり距離を一般的な血統よりも伸ばしていくことを意識された調教とかするんですか?

友道

やっぱり競馬見てても1200の競馬よりも1600とか1800とか長い方がこう(笑)

ビタミンS

2011年から1300レースほど出走してるけど、1200m以下は44回

亀谷

なんと言ってもアドマイヤジュピタ。フレンチデピュティで

※アドマイヤジュピタは08年天皇賞春など長距離重賞3勝

友道

あれもフレンチだったんで短いってイメージあるんですけど

亀谷

そうですよね。フレンチ自体はどですか印象として

友道

子どもはどうしてもこう、繋ぎが立った硬めの馬が出てくるんですけどアドマイヤジュピタは全然そんなとこがなくてフレンチの子どもで柔らかい馬が走るんじゃないかなと思います。

亀谷

人間でもあまりムキムキだと長距離ランナーの印象が無くなっちゃうじゃないですか、でも馬の場合はどうなんですかね?

友道

今も短距離馬ってのはムキムキっとしてるんですけど、まぁこういうセリで買うときは

ムキムキよりもスラッとした方が好きなんで、やっぱりそこで筋肉はついてこないですよね。

横山

入厩予定の2歳馬アドマイヤラッシュですとか、トリコロールブルーいるんですけど注目しているところってどういう所ですか?

友道

トリコロールブルーは、うちにワールドインパクトって馬がいましてその弟です。

この馬はお父さんのステイゴールドとかわって、体がコンパクトにできてて、軽い芝に合いそうな感じですよね。

横山

ポポカテペトルは?

友道

マウントロブソンの下になるんですけど、その上にハワイアンソルトてのがうちにいたんですけどその馬がちょっと重たいような感じだったんですけどこの2歳馬は軽い感じのディープがでてるかなって。

伝説の大川慶次郎予想情報
→無料1点公開←

横山

どちらも軽いほうが得意そうな

友道

そうですね、軽い2000mくらいの競馬があってそうですね。

横山

アドマイヤラッシュもそうですか?

友道

ラッシュ、これでうちにくるの3頭目なんですけど、この馬が一番ディープインパクトによく似ているもう先週函館でゲート試験受かって、秋くらいのデビューを予定しています。

ビタミンS

似てるっていうのは、素軽かったりそういうことですか?

友道

そうですね、あのー、この馬の母父がクロフネなんでどうしてもそっち系が出ていたんですけど、このアドマイヤラッシュはこう線の細いディープインパクトっぽい子どもですよね。

友道調教師の凱旋門賞への思い!

横山

どうですか凱旋門賞は?

友道

あの馬は本当に日ごろから落ち着いているんで飛行機とか海外にいっても環境の変化でどうこうなる馬じゃないと思うんでね、まぁいけるんじゃないかなと思います。

横山

本当にディープインパクトと同じ道を歩んでるような感じですね。これで凱旋門もとってほしいなという思いもあるんですが

友道

頑張ります。

亀谷

持ってる馬ですよね、今年だって競馬場が違いますから(シャンティイ競馬場)日本に馬場近いですからね

友道

そうですね、より日本馬にチャンスがあると思います。

ビタミンS

友道厩舎としては海外遠征と言うのは?

友道

初めてなんですよ。周りがサポートしてくれるんで安心しています。

以上

感想!

凱旋門賞のマカヒキの結果は14着。残念でしたが、

これからのマカヒキの活躍を期待しています。

2歳馬アドマイヤラッシュに注目です!

競馬ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする