佐藤哲三追いきり診断、2018朝日杯フューチュリティS

佐藤哲三

佐藤哲三 追いきり診断

 

 

⑥アドマイヤマーズ

 

遅い時間帯の栗東坂路でタフな馬場状態。

手加減せずに最後までしっかり追われていた。

ラスト1ハロン過ぎでヨレそうになったがリカバリーし、その後も伸び続けた。

このあたりが、レース終盤の勝負強さにつながる。

これからの馬だが、手前を替えたときもスピードをロスしないで走れる。

 

②グランアレグリア

 

アドマイヤマーズと遜色ない。

藤沢和厩舎らしく終始馬なりだったが、重い馬場を警戒に走っていた。

 

 

③アスターペガサス

 

頭をしっかりと高い位置で保ち、腕も振れている。

阪神マイルが合いそうな走りでかかる心配も少ないから内枠を生かして流れに乗れれば。

 

 

⑪ケイデンスコール

 

休み明けだが、体幹がぶれずいい動きだった。

が、ゴール前で少し勢いが鈍ったあたりが・・・・。

 

人気ブログランキング ポチッとして頂けると励みになります